企業・従業員の皆様による支援


従業員と企業が共に社会貢献活動に取り組むことで、支援を拡大することができると同時に、企業内の連帯感を生み出すことにつながります。

①給与天引きマッチングプログラム

従業員は給与から毎月一定の口数/端数を寄付し、それと同額を企業がマッチングという形で寄付を行なう取り組みです。

<支援の流れ>

②社内募金の取り組み

社内に募金箱を設置し、従業員の皆様より募金をしていただく取り組みです。従業員有志でご協力いただくことで、職場の温かい連帯感を形作ることができます。

 

国連WFPへのご寄付は、税制上の優遇措置の対象となります。(社内募金など、一部対象とならない場合もあります。詳しくはこちら