パートナー


 

世界の飢餓に対する共同戦線 

国連WFPだけの力では、世界の飢餓および貧困と戦うことはできません。 国連WFPは、次の5種類のパートナーと力を合わせています。 

各国政府

国連WFPが活動している各国の政府は、主要なパートナーです。各国政府との協調および協力は、緊急支援活動においても、中長期的な開発を目指す支援活動においても、欠かすことができません。 

非政府組織(NGO)

国連WFPと連携している非政府組織(NGO)の数は、およそ3,000にのぼります。これらのNGOは、国連WFPの支援食糧の輸送、保管、配給を代行しています。 

国連食糧農業機関(FAO)および国際農業開発基金(IFAD)  

ローマには国連WFP、国際連合食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金 (IFAD)の3つの国連機関が本部を置いています。この3つの機関は密接に連携し、共に飢餓のない世界を目指して活動しています。 

その他の国連機関

国連WFPは他の国連機関とも密接に協力しています。緊急支援および開発支援のどちらの場合においても、他国連機関から、技術的助言や食糧以外の面でのさまざまな手助けを得ています。 

企業パートナー

国連WFPは、輸送、食品、通信技術、物流、財務、人材などの分野で活動している民間企業から、資金や貴重な専門技術の提供を受けており、これらの支援がさらに増すことを期待しています。