日本事務所代表


焼家直絵

WFP  国連世界食糧計画
日本事務所代表

国連WFPの職員として16年のキャリアを持ち、人道支援や開発支援に携わる多様なポストを歴任。

 

2017年6月                         国連WFP日本事務所代表に就任。

2015年8月-2017年6月    国連WFPミャンマー事務所副代表及び支援事業責任者。

2013年7月-2015年7月    国連WFPシエラレオネ事務所副代表及び支援事業責任者。

                                           エボラ危機時の複雑な緊急支援活動を率いる。

2009年3月-2013年7月     国連WFP日本事務所で政府連携チームを率いる。

2007年-2009年                 国連WFPスリランカ事務所で支援調整官。

2004年-2007年                 国連WFPブータン事務所で事業担当官。

2001年-2004年                 国連WFPローマ本部で渉外担当官。

 

国連WFP入職前は、イラク、コソボ、東ティモールにてNGO、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連平和維持活動に従事。日本企業での勤務経験も有する。

広島市生まれ。国際基督教大学(ICU)教養学科卒。オーストラリア国立大学国際関係修士。