最新情報

国連WFP、洪水被害のマラウイで緊急食糧支援

マラウイ・リロングウェ発 – マラウイで大雨により洪水が発生し、これまでに多数の死者を出し、10万人以上が家を失いました。国連WFPは、被害の大きい地域を中心に緊急食糧支援を開始しました。

知花くららさん ヨルダンのシリア難民支援現場を訪問

2014年10月末、国連WFP日本大使でモデルの知花くららさんがヨルダンを訪れ、国連WFPのシリア難民への緊急支援活動を視察しました。知花さんにとって、緊急支援活動の視察は初めてです。

知花くららさん、初のエッセイ集発売 国連WFPのエピソードも多数掲載

国連WFP日本大使でモデルの知花くららさんによる初の書き下ろしエッセイ集『くららと言葉』(講談社)が、本日、発売されました。

ハイチ大地震から5年 ~数字で見るハイチの飢餓~

死者20万人以上を出したハイチ大地震から5年。国連WFPは、地震発生直後から緊急食糧支援を行い、復興支援に移行してからは、栄養状態の改善を図るため、学校給食や母子を対象とした栄養強化プログラムを実施しています。現在は、災害に強い地域づくりを目指し、地域のインフラ整備に参加した住民に労働の対価として食糧を配給する「労働の対価としての食糧支援」を行っています。

   

最新の映像